マツダ CX-8は高級ミニバンに迫るサイズ、性能を有していると言われていますが、気になるのは具体的なデータです。

 

ここでは、そんな新型CX-8のサイズ感は、スペックなどを、カタログデータ等からチェックしていきましょう。

 

CX-8のサイズ感

 

全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高
CX-8 4900×1840×1730mm 2690× 1540× 1250mm
CX-5 4545×1840×1690mm 1890× 1540× 1265mm
ランドクルーザープラド 4825×1885×1850mm 2520× 1565× 1240mm
エクストレイル 4690×1820×1730mm 2005× 1535× 1270mm
アウトランダー 4695×1810×1710mm 2580× 1495× 1265mm
パジェロ(ロングボディ) 4900×1875×1870mm 2535× 1525× 1235mm
エクシーガクロスオーバー7 4780×1800×1670mm 2720× 1510× 1275mm
アルファード 4945×1850×1950mm 3210× 1590× 1400mm
エルグランド 4975×1850×1815mm 3025× 1580× 1300mm

 

マツダ CX-8のサイズはCX-5のカテゴリーと比べれば、明らかにワンサイズ違います。

全幅等に違いは無いのですが、全長が35センチも違うのです。

 

CX-8の場合は、7人乗りSUVの中でもクロスオーバー系といっていいエクストレイルやアウトランダーと比べれば全長、室内長とも一回り大きく、本格SUVのランドクルーザープラド、パジェロと比較すべきサイズ感です。

 

このくらいのサイズになると、高級ミニバンであるアルファード・ヴェルファイア、エルグランドと比較できるような外寸ですが、室内の広さはミニバンとは設計が違うので、さすがにかないませんね。

 

 

CX-8のスペック

 

動力性能

 

マツダ CX-8のエンジンのスペックをライバル車と比べてみました。

 

エクストレイルは2リッター、エクシーガクロスオーバー7は2.5リッターなので比較にならないレベルですが、運転に重要なトルクを比較すると、3.5リッターガソリンエンジンを搭載して圧倒的なパワーを誇るアルファードやエルグランドを凌駕するトルクであることがわかります。

 

CX-8に比肩するのはランドクルーザープラドとパジェロですが、いずれもCX-8よりは排気量のずいぶん大きいエンジンですし、車重も300キロから400キロ違いますから、動力性能の点では比較にならないでしょう。

 

 

最高出力 最大トルク
CX-8 190ps(140kW)/4500rpm 45.9kgm(450Nm)/2000rpm
CX-5 175ps(129kW)/4500rpm 42.8kgm(420Nm)/2000rpm
ランドクルーザープラド

(2.8ディーゼルターボ)

177ps(130kW)/3400rpm 45.9kgm(450Nm)/1600~2400rpm
エクストレイル 147ps(108kW)/6000rpm 21.1kgm(207Nm)/4400rpm
アウトランダー 150ps(110kW)/6000rpm 19.4kgm(190Nm)/4200rpm
アウトランダー(PHEV) 82ps(60kW)×2 14.0+19.9kgm(137+195Nm)
パジェロ(ロングボディ)

(3.2ディーゼルターボ)

190ps(140kW)/3500rpm

178ps(131kW)/5250rpm

45.0kgm(441Nm)/2000rpm

26.6kgm(261Nm)/4000rpm

エクシーガクロスオーバー7 173ps(127kW)/5600rpm 24.0kgm(235Nm)/4100rpm
アルファード 301ps(221kW)/6600rpm 36.8kgm(361Nm)/4600~4700rpm
エルグランド 280ps(206kW)/6400rpm 35.1kgm(344Nm)/4400rpm

 

ホイールベース・最小回転半径

 

マツダ CX-8の足回りです。ホイールベースは2930mmと長いので、走行安定性は大いに期待できますが、最小回転半径が5.8mというのはかなり取り回しが悪いかもしれません。本格SUVや高級ミニバン並みですからね。

 

サスペンションは後輪に高級なマルチリンクを採用していますが、このクラスではもはや普通のサスペンションになっています。

 

本格SUVはスペース効率より性能重視なので、前輪には安価ですがストロークの取れないストラットではなく、ダブルウイッシュボーンを採用しています。

 

 

ホイールベース 最小回転半径 サスペンション
CX-8 2930mm 5.8m ストラット+マルチリンク
CX-5 2700mm 5.5m ストラット+マルチリンク
ランドクルーザープラド 2790mm 5.8m ダブルウイッシュボーン+独立懸架コイルスプリング
エクストレイル 2705mm 5.6m ストラット+マルチリンク
アウトランダー 2780mm 5.7m ストラット+マルチリンク
パジェロ(ロングボディ) 2780mm 5.7m ダブルウィッシュボーン+
マルチリンク式ダブルウィッシュボーン
エクシーガクロスオーバー7 2705mm 5.6m ストラット+マルチリンク
アルファード 3000mm 5.8m ストラット+マルチリンク
エルグランド 3000mm 5.7m ストラット+マルチリンク

 

ホイール・タイヤサイズ

 

マツダ CX-8のホイール・タイヤサイズは廉価グレードで225/65R17、上級グレードで225/55R19です。このサイズはCX-5と変わりません。

 

SUVに55扁平のタイヤはいかがかという気もしますが、あの本格SUVのランドクルーザープラドでも上級グレードは265/55R19を履いていますから、問題ないのでしょう。

 

ランドクルーザーに至っては285/50R20を履いていますからね。

 

まとめ

 

マツダ CX-8のサイズ感、スペックをみてきましたが、サイズ的には高級ミニバン並みに大きくなっていますから、強力なトルクを発生するエンジンや長いホイールベースによる走行安定性を活かして、ワインディングロードやロングクルージングを楽しむのがいいようですね。

 

 

PS:

 

CX-8を値引きに頼らず安く購入する方法

 

CX-8はCX-5の3列シートが待望論から誕生し、発売以来大ヒットとなっています。

 

しかし、そんなCX-8は大人気もあって値引きは大変厳しい状態が続いています。

 

ただ、だからといって諦める必要はありません。

 

値引きに頼らずに限界値引きから更に安く購入する方法があります。

 

興味がありましたら↓↓にも目を通して見て下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

>>  目次ページに戻る