ディーラー営業マンが絶対教えないカラクリをあなただけに公開!

lp-h-01

 

発売直後で値引きの厳しいCX-8を
限界値引きから更に55万円以上安く買えるって本当?

 

車を購入したことがある方ならご存知だと思いますが、よく知られている通常の交渉では、新車の値引きは厳しくて安くなりません

 

 

新車の値引きが厳しい理由は、開発費の関係もあり新車の利益率は低いからです。
およそ車両本体価格の10%と言われています。

 

 

例えば、200万円の車だったら、利益は「20万円」程度ということになります。

 

 

もし、20万円の値引きを行えば利益は「0円」で、20万円以上の値引きを行えば赤字になってしまいます。

 

 

このように言うと、「そうは言っても、ディーラーはもって値引いてくれるよ!」という方もいらっしゃると思います。
ここからが重要なのですが、ここにディーラーが行うカラクリ(テクニック)があるのです。

 

 

具体的には、「ディーラーは値引きをしたように見せかけて利益を確保している」のです。

 

 

このカラクリを説明しますね。

 

 

ここでひとつ質問します。

 

あなたが今乗っている車の下取り価格はどれほどかご存知でしょうか?

 

 

ここで、「●●円です!」と回答出来れば大丈夫ですが、出来なければ値引き交渉は失敗する確率が高くなります

 

 

言い方を変えれば、あなたの車の下取り価格さえ把握していれば、たとえ値引き交渉が苦手であっても、ディーラーが行うカラクリに気づくことができるとも言えます。

 

 

もし、愛車の下取り価格をご存じない場合は、簡単なので下記で調べてみてください。

 

必要条件を入力すれば、すぐに概算価格が表示されますので、愛車の下取り価格を調べてくることをおすすめします。

 

⇒ 愛車の下取り相場を調べる

 

 

この記事では、ディーラーが使うテクニックをお伝えするとともに、あなたがディーラーのテクニックにダマされずに、新車を最大限に安く購入する方法をお伝えします。

 

 

 

値引き交渉が苦手ではありませんか?

 

 

 

あなたは新車を購入する際、ディーラー営業マンとどのような値引き交渉をしますか?

 

 

ディーラー営業マンとの値引き交渉を有利に進めるには、相手の手の内を知る必要があります。

 

 

ディーラー営業マンは交渉のプロです。だから、素直なお客さんほどディーラー営業マンの話を真に受けて高い買い物させられている人が多くいます。

 

 

そして、多くの人が行う値引き交渉といえば、次のようなものでしょう。

 

 

  • 同じ車を複数のディーラーで相見積もりをして比較
  • オプションの無料サービスや値引き

 

 

確かに値引き交渉の基本的な手段としては有効です。

 

 

ただ、もっと大きな値引きを獲得する方法があります。

 

 

ディーラー営業マンなら誰でも知りつつも隠している最高の値引き方法をお伝えしますね!

 

 

といっても、誰にでもできる簡単な方法なので安心してください!

 

 

 

ディーラーの真実!

いきなりディーラーに行くのはNG!

 

 

 

 

ショールーム

 

まずは、ディーラーでよく見かける価格交渉を確認してみましょう。

 

 

(よくある光景)

お客さん   「ぶっちゃけ、どれくらいまで値引き出来ますか?」
ディーラー  「車両本体と下取りを合わせて20万円が限界ですね。」
お客さん   「思っていたより厳しいな・・・」

 

 

今購入して頂ければ、20万円の値引き額を

 30万円まで引き上げさせて頂きます

 

 

10万円も値引き額が増えると思えば、「この営業マン頑張ってくれてるな!」と思って、気持ちも契約に向かうのではないでしょうか?

 

 

実はこれこそが、ディーラー営業マンが使うカラクリ(テクニック)なんです。

 

 

 

ディーラー営業マンが使う

カラクリ(テクニック)の全貌!

 

 

 

ディーラー営業マンが使うカラクリ(テクニック)ですが、簡単に言うと、

 

 

値引き額をUPさせたように見せかけて、

 UP分だけ下取り額を下げるテクニックです。

 

 

値引き額が増えた分、下取り額が減らされるので、実は何も変わっていないのです。

 

このテクニックですが『値引き充当』と言います。

 

 

 

ただ、このテクニックを使えないようにする方法があります。

 

 

それは、車両本体値引き」と「下取り額」を分けて考えることです。

 

 

 

例えば、「車両本体値引きと下取り額を合わせて値引きは20万円が限界」と言われた場合でいうと、値引き額20万円の内訳(「車両本体値引き(10万円)」と「下取り額(10万円)」)を提示してもらうのです。

 

 

値引き額の内訳が明らかにされていれば、車両本体値引きが増えた分だけ下取り額が減っていれば値引き充当のテクニックを使ったことがバレバレです。これだと、ディーラー営業マンも値引き充当のテクニックは使えませんからね。

 

 

 

「ディーラー下取り」と「買取専門店買い取り」

の違い!

 

 

 

「ディーラー下取り」ですが、ディーラーの主な仕事は新車を販売することですので、下取り業務は本業ではありません。

 

 

また、下取りした車は中古車として販売することになりますが、高い価格で下取りをすれば、高い価格で販売しなければなりません。しかし、価格が高いと売れませんので、ディーラとしては高い価格で下取りはできないということになります。

 

 

 

一方、買取専門店はディーラー下取りとは異なり高い価格でも買い取ることが可能です。

 

なぜなら、販売店ごとに売れ筋の車種は違い、売れる車種であれば、高くても買取る買取専門店があるということです。

 

だから、同じ車種であっても販売店ごとに買取価格は違うのです。

 

 

 

 

とはいっても、複数の店舗を回って査定を受けるのは面倒ですね。

 

そこで、おすすめなのが無料一括査定サービスです。

 

 

無料一括査定サービス一度だけ査定に必要な情報の登録を行えば、複数の買取業者から査定額が届きます。

 

 

あとは届いた査定額を確認して一番高く下取りしてくれる買取業者に販売すれば良いのですし、納得できなければ下取りに出す必要はありません。

 

 

ただ余程のことがなければ、ディーラーで下取りするよりも、「無料一括査定サービス」を使って下取りする方が愛車を高く売ることができるはずです。

 

 

買取専門店では、売れ筋車種が違うことに加え、販売網がディーラーのように国内だけでなく海外にも及ぶため、海外で人気の車は高値がつくことが多いのです。

 

 

このような背景があり、ディーラーと買取専門店では同じ車であっても査定額に55万円以上の差がつくのです。

 

⇒ 無料一括査定サービスで愛車の下取り相場を調べる

 

 

 

値引き交渉の前には、

事前準備(愛車の買取相場)を

把握しておくことが重要!

 

 

 

ここまでお伝えしてきたとおり、

 

新車を最大限に安く購入するためには、ディーラーとの交渉に向かう前に愛車の本当の買取額を知る』ことが重要です。

 

 

なぜなら、愛車の買取額を事前に知ることで、ディーラー側の値引き充当のテクニックを見破ることができるからです。

 

 

ただ、複数の買取専門店を回って査定を受けるのは面倒ですね。

 

 

そこで便利な無料サービスとしてお伝えしたのが『無料一括査定サービス』です。

 

 

このサービスは、車両情報等(たった45秒)を行うだけで、愛車の相場を知ることが出来ます

 

 

具体的には、次のような流れです。

 

 

かんたん車査定-02

 

 

このサービスには、ガリバーを含む大手買取専門店があなたの愛車の買取価格を競ってくれます。

 

 

新車の値引きで失敗したくない人、または愛車の買取相場を知りたい人は、無料でカンタンに使えるサービスなので試してみてください。

 

 

(PS)

 

無料一括査定サービスに登録したからといって、査定額に納得しなければ愛車を売る必要はありませんので安心してください。

 

あなたの愛車の下取り額が最大化、さらには結果的に値引き額の最大化に成功することをお祈りします。

 

⇒今すぐ愛車の買取価格相場を確かめる