CX-8を買うとなると、多分一番悩むのはボディカラーの選択でしょう。

 

しかもCX-8はかなり高価な車になっていますから、リアエールバリューも気になります。

 

ここでは、そんなCX-8の人気カラー(色)と、リセールバリューは高いのか、低いのか、チェックしておきましょう。

CX-8のボディカラー

 

CX-8のボディカラーはCX-5のラインナップとほぼ同一です。唯一の違いはCX-5にあるエターナルブルーマイカがCX-8には無く、全部で7色ということです。

 

車体がかなり大きくなったのでエターナルブルーマイカの明るめのブルーはそぐわないと判断したのかもしれません。

 

 

《ソウルレッドクリスタルメタリック》 

 

 

 

CX-8のソウルレッドクリスタルメタリックは瑞々しい生命感と艶やかな透明感を表現したという、マツダ自慢の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」の逸品です。

 

 

鮮やかさと深みという相反する色感を両立していますから、はっとするような美しさです。

 

 

最近のマツダ車に採用されているカラーですが、マツダ車のデザインによく合っていると思います。

 

このカラーは特別塗装色のため価格は75,600円(税込)高となります。

 

 

 

《マシーングレープレミアムメタリック》

 

 

 

CX-8のマシーングレープレミアムメタリックも「匠塗 TAKUMINURI」を使っています。

 

 

職人の手業に迫るリアルな金属感を表現したそうで、見事なコントラストによる陰影感と深み、金属の質感はなかなかのものです。

 

 

このカラーも特別塗装色のため価格は54,000円(税込)高となります。

 

 

 

《ジェットブラックマイカ》

 

 

CX-8のジェットブラックマイカは深みのある濃いブラックにマイカを散りばめています。

 

吸い込まれるような黒色と雲母が反射する光のコントラストがたまらなく美しいカラーです。

 

 

《チタニウムフラッシュマイカ》

 

 

CX-5のチタニウムフラッシュマイカはチタンとは言いながら、かなりブラックに近い色合いです。

 

マツダ以外ではあまり見かけない色ですが、チタンの質感と雲母が放つ金色の輝きが良くマッチしています。

 

 

《ソニックシルバーメタリック》

 

 

CX-8のソニックシルバーメタリックは同じグレーでもマシーングレープレミアムメタリックよりも明るい色みになりますが、メタリックがいい感じで、伸びやかさと質感を醸し出しています。

 

 

《ディープクリスタルブルーマイカ》

 

 

CX-8のブルーはこの色だけになりましたが、このディープクリスタルブルーマイカは深みのあるブルーに雲母を散りばめています。

 

だから、他のマイカ同様、濃い色と雲母の輝きのコントラストで、高級感のあるカラーになっています。

 

 

《スノーフレイクホワイトパールマイカ》

 

 

CX-8のホワイトはスノーフレイクホワイトパールマイカです。

名前のとおり、白い雪のような鮮やかな色合いです。

 

マイカとパールによる鮮やかな乱反射と光沢感がその白を見事に引き立てて、非常に高級なカラーに仕上げています。

 

このカラーも特別塗装色のため価格は32,400円(税込)高となります。

 

 

 

CX-8の人気ボディカラーは

 

CX-8の人気ボディカラーは、CX-5と同様に次のようなカラーに人気があります。

 

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ジェットブラックマイカ

 

この3つのカラーをマシーングレープレミアムメタリックが追っているという状況のようです。

 

一番人気は次のカラーです。

 

 

一番人気カラー

 

 

『スノーフレイクホワイトパールマイカ』

 

 

ということで、この思いっきり白い色が高く評価されているのですね。

 

スノーフレイクホワイトパールマイカが人気があるのはこの後お伝えするリセールバリューが影響しているかもしれません。

 

 

CX-8の人気カラーのリセールバリューは?

 

 

CX-8のリセールバリューは人気カラーの傾向と同じとなっています。

 

つまり、次のカラーということです。

 

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ジェットブラックマイカ

 

 

『スノーフレイクホワイトパールマイカ』は白、『ジェットブラックマイカ』は黒と、CX-8に限らずどの車種でも人気がありますのでリセールバリューが高く、値落ちの少ないカラーですので、リセールバリューは高いとみていいでしょう。

 

 

また、CX-8に限っては、『ソウルレッドクリスタルメタリック』がイメージカラーとなっていることもあり、マツダ車の人気カラーでもあるため、特にマツダディーラーで下取りする場合は、リセールバリューには問題がないと思われます。

 

 

ただ、唯一の心配は塗装に傷がついたときです。

 

高度な技術で塗装されていますので、大きな減点要素になるかもしれません。

 

とはいえ、塗装の傷に関してはどのカラーにも当てはまりますね。

 

 

まとめ

 

CX-8のボディカラーは深みのある色合いにマイカが多用されています。

 

その中でも人気色は白、黒、そして「匠塗 TAKUMINURI」を採用した赤です。

いずれも素晴らしい色で、人気色になるのもわかる気がします。

 

リセールバリューも期待できますから、安心して購入できるでしょう。

 

ただ、長く乗る色なので、人気カラーとはいっても、必ず実車で確認しておきましょう。

 

 

 

PS:

 

CX-8を値引きに頼らず安く購入する方法

 

CX-8はCX-5の3列シートが待望論から誕生し、発売以来大ヒットとなっています。

 

しかし、そんなCX-8は大人気もあって値引きは大変厳しい状態が続いています。

 

ただ、だからといって諦める必要はありません。

 

値引きに頼らずに限界値引きから更に安く購入する方法があります。

 

興味がありましたら↓↓にも目を通して見て下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

>>  目次ページに戻る